ドッグフードに含まれると良くない成分とは?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

犬のドッグフードはできる限り無添加で安全なものが良いと言われていますが、犬にとってあまり良くない成分についても具体的に知りたい方も多いのではないでしょうか。実際に知っておくことで選ぶときに失敗することもありません。ここでは犬にとって不要な成分について紹介します。

ドッグフードまず知っておきたいのが肉副産物と家畜副産物です。これは何かというと、肺や膵臓、腎臓といったホルモン系ですが、一般的に食べられるものではありません。中には病気の動物の臓器が使用されている可能性もあるので、安心してエサを与えるためにも肉副産物や家畜副産物と記載されているドッグフードは避けるようにするといいでしょう。

また、防腐剤に関してもあまり良くないとされています。長持ちさせるという目的で防腐剤を使用しているメーカーもありますが、基本的に防腐剤にはBHA、BHT、エトキシキン等の成分が含まれているので、犬の健康に良くないとされています。できる限り防腐剤は含まれていないものを選ぶようにしましょう。

このように、中には犬に必要な成分が含まれていないものも多く存在します。不要な成分は何かについて頭の中に入っているだけでもドッグフード選びで失敗しないので、ここで説明した内容はチェックしておくといいでしょう。

Published by