ドッグフードに含まれると良くない成分とは?

犬のドッグフードはできる限り無添加で安全なものが良いと言われていますが、犬にとってあまり良くない成分についても具体的に知りたい方も多いのではないでしょうか。実際に知っておくことで選ぶときに失敗することもありません。ここでは犬にとって不要な成分について紹介します。

ドッグフードまず知っておきたいのが肉副産物と家畜副産物です。これは何かというと、肺や膵臓、腎臓といったホルモン系ですが、一般的に食べられるものではありません。中には病気の動物の臓器が使用されている可能性もあるので、安心してエサを与えるためにも肉副産物や家畜副産物と記載されているドッグフードは避けるようにするといいでしょう。

また、防腐剤に関してもあまり良くないとされています。長持ちさせるという目的で防腐剤を使用しているメーカーもありますが、基本的に防腐剤にはBHA、BHT、エトキシキン等の成分が含まれているので、犬の健康に良くないとされています。できる限り防腐剤は含まれていないものを選ぶようにしましょう。

このように、中には犬に必要な成分が含まれていないものも多く存在します。不要な成分は何かについて頭の中に入っているだけでもドッグフード選びで失敗しないので、ここで説明した内容はチェックしておくといいでしょう。

無添加ドッグフードの選び方について

無添加のエサは犬たちの健康維持のためにも重要です。これから購入を考えている方も多いですが、購入をする前にチェックしておきたいのが選び方です。ここでは選ぶときに確認したいポイントは何かについてお伝えします。

ヒューマングレードまず確認したいことは本当に無添加かどうかです。日本には無添加の定義は法律で定められていません。そのため無添加の記載があるからと言って信用してはいけません。原材料の表記はしっかりと確認する必要があるので、購入を決断する前には本当に無添加かどうかをチェックしてから購入することが大切です。

また、原材料を確認する時はヒューマングレードなどの記載があるタイプを選ぶようにしましょう。犬のドッグフードには人間が食べることができないものも昔は多く含まれていましたが、近年では人間でも食べられる材料が使用されているヒューマングレードのドッグフードも発売されています。できる限り高品質なものを選びたい人はヒューマングレードの記載があるドッグフードを選びましょう。

このように、無添加と言ってもそれぞれメーカーによって内容が異なるので、無添加だからと言って安心してはいけません。飼い主がしっかりと確認して購入することが大切です。

≪参考サイト≫ドッグフード

無添加のドッグフードの利点について

ドッグフード愛犬のために品質の良いドッグフードを与えたいと思う飼い主は多いでしょう。体に悪い成分が含まれていると健康的な生活を送ることができません。そのため、愛犬のエサをこだわって選んでいる方もいらっしゃいます。中でも多くの人が選ぶのが無添加のドッグフードです。なぜ無添加のドッグフードを選ぶ人が多いのでしょうか。実際に選ばれるのには様々なメリットがあります。

では、具体的にどのような利点があるのかですが、まず魅力的なのが安心で安全な原材料が使われているということです。一般的なドッグフードには、多くの場合添加物が含まれています。添加物が含まれているドッグフードは少しなら体に害を与えないと言われていますが、それでも犬の体にとってあまり良くないものが使われていることには変わりありません。添加物が含まれているものと含まれていないものがあるとすれば、無添加のドッグフードを選びたいと思う人は多いでしょう。実際に無添加のドッグフードは存在しますが、アレルギーとなる成分も含まれていないですし、その他健康に害の与える成分は含まれていないので、安心して犬に与えることができます。こういった理由から無添加のドッグフードへと切り替えているところが多いです。

このように無添加ドッグフードについて説明しましたが、犬にとって食べ物は重要なので特に販売されているドッグフードで何を選んだらいいかわからない人は無添加について考えてみるといいでしょう。